サノバ内容のお話

ネタバレ注意

 

この下書きの存在忘れてて内容が曖昧になっちゃった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

攻略順は

めぐる→紬→綾地→戸隠→仮屋

 

 

めぐるルート

 めぐる自体は能力を持っていないので、他ルートに比べてのほほんとしていた印象

強いて言うなら主人公の能力に関したルートではあるけれど、他ルートで断片的に分かる事もあるので完全解決というわけではない

とりあえず可愛いねうんうん(赤髪スキー)

 

 

紬ルート

 願いの内容が可愛らしくてニヤニヤが止まらない。

デートも女の子の服装をしたいからって断るおにゃのこっぷり。

そのデートをする為に主人公が秘密裏に代償の肩代わりをする訳ですが、なんとその肩代わりの条件は一定時間の間テディーベアになってしまうという物だった!

まあそこまではいいんだけど主人公が今人なのかテディーベアなのか分かりづらかったのは残念

その後も伏線丸分かりでうーむ

アカギの下りも最後回収されたけど結構突然だったよね

 

戸隠ルート

 話の内容としては一番好き。

ルートの最初から最後まで展開があまり予想できなかった。

彼女がアルプだってなったときに、彼女の名前の漢字が「憧れる子」である理由が分かってとてもキュンキュンしたのは記憶に新しい

けど彼女の生活費がどこから湧き出てるのかが結局わからなかった(読み飛ばしたかもしれん)

ここで終わりでもいいだろ、ってシーンで終わらず卒業式まで突っ切ったのはまあ回想シーンを追加する為だったよね。

個人的にはもう少し「好きな人がアルプである」ということに関して踏み込んで(葛藤があって)欲しくもあったけどそこは惚れた弱み、好きになっちゃったなら仕方ないよねって感じか。

 

 

寧々ルート

 未来を知っているからこその苦悩を解決して終了

好きなのに近付いちゃいけない、その距離感やら何やら良かった

個人的には

保科「きっとまた好きになるよ」

リープ先寧々「あ、あの…」

リープ先保科「どうしたの?」

寧々「…うそつき…」

ってのが最高に好きでした。

終わり方は結構長くやった割に小さめな悩みの解決で終わったなあとは思った

 

仮屋

まあ正直ルート短くて話すこともない。最近このルートレベルに短いメインヒロインのルートを他所で見かけてビビったとかはどうでもいいよね

 

 

 

 

 

 

エロゲーが長年抱えていた旧作も定価のままという問題がスチームによって解消された、スチーム万歳!

 

やっぱり戸隠ルートが一番面白かったなあって。