大学生活二週目+寂しい気持ち

どうも、ぼっち生活に苦痛を感じなくなった私です。

グループワークの運ゲーが上手く行ってなかったら多分心が荒んでいた事でしょうが今期は全部当たりでした。よかった。

 

なんか行ってるときは書こうと思う事も浮かぶけど、帰っていざ書こうとすると忘れちゃうな。

 

あ、中学時代の同級生がある授業で席の近く、向き合う形なんですよね、似てるな〜とは思ってたけど名簿見て本人やんけーとなった

自分中学は不登校だったので、その頃を知る人がいるっていうのは怖さ以外の何物でも無いんですけども、まあ話す機会もないでしょう

 

 

 

1コマ90分にも結構慣れました。

いや、慣れてないような。現状はとりあえず最初の三十分は「何も無かった、これから60分授業だ」と思い込むようにしています

 

 

大学は体育が必修じゃないので気持ちが楽。

と同時に、必修だった通信制高校時代を思い出してなんとなくセンチメンタル。

 

一年は確か前期バレーだったな、同じクラスのまあ3年間お世話になる人達とチーム組めて、みんなやる気なかったから僕が頑張ってる感あって凄い楽しかった記憶

後期はベースボール。打つ感覚が掴めないわ球取れないわで散々だったわ、でもわりと体感時間は短かった

 

二年…前期はサッカーだっけか、試合やった記憶ないけど多分やったんだろうな、仲良かった人と二人一組の練習してた記憶しかねえや

後期はインディアカ。体育館の二階的な踊り場に乗りかけてヒヤリハットしまくった記憶が濃い

 

三年…えっと…確か前期は卓球

ここで仲が良かった人が留年しちゃっておじさんと組む事になります、結局固定されてしまっておじさんには悪いけど残念な高3生活になってしまった

まあそんな書く事もないのが正直な所

後期はテニス、試合は…やってないような…?最後の方出てないからかな。

 

まあ、高3の時はクラス内に知ってる人がいなくて、話しかけるにもHRの必要出席数は消化してるし、編入生も結構いたっぽいしでかなりコミュ力ないと無理だっただろうけども。

 

最近よく高校時代、特に高1の頃を思い出す。

あの頃は深夜アニメをリアルタイムで見るだけの生活だったけど、アレはアレでちゃんと日程があってよかったなあと今は思うね。

 

いつも普通に歩いてた校舎も今は宝物のように感じるし、本当に先生に会ってこようかな、卒業式の時にツーショット取れなかったの心残りなんだよね。