texmodの使い方

初めて使ったとき日本語で説明しているサイトが見つからなくて苦労したので備忘録の意も込めてtexmodの使い方を書いていく

書き方難解でも自分用だから許してちょ

 

・事前準備編

1.texmod本体のダウンロード

「texmod」と検索することで出てくるA列車のwikiのリンクを使いましょう、この時アップローダー側がファイルをすり替えていることがあるので注意。

一応書いておくと、僕の手元にある圧縮ファイルは581kb、texmod.exe本体は584kbです

 

2.texmodを使いたいゲームのexeがインストールされているフォルダを確認する

確認方法ですが、steamの場合

ライブラリのゲームを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを閲覧

f:id:Lynx_0920:20180330103645p:plain

が一番わかりやすいと思います

 

 

・使い方編

texmod.exeをクリックすると、こういう画面が出てきます

f:id:Lynx_0920:20180330102928p:plain

(画質はご勘弁)

modeが色々ありますが、使うのはパッケージモードだけです

 

まず初めに、ターゲットアプリケーションにお目当てのゲームのexeファイルを参照させます

f:id:Lynx_0920:20180330103354p:plain

すると下側のUIに色がつくので、小さいフォルダのアイコンをクリックし、ブラウズしてお目当てのファイルを参照させて下さい

そのまま下側にあるRunを押せば、テクスチャが変換されたゲームが始まるはずです。(しない場合は下に書いてある応用編の手順を踏んでみてください)

 

しかし、texmodはこの作業を毎回行わなくてはならず、steam経由で起動してもtexmodが適用されていない状態で起動されてしまいます。

 

 

・応用編

上記の問題は、steamクライアントから立ち上げた時にtexmodが起動するようにすれば多少解決されます

 

やる事は簡単

ローカルファイルでゲームフォルダを開き、本体のexeの名前を適当に変え、texmod.exeを本体の名前に変える。

 

f:id:Lynx_0920:20180330104923p:plain

口頭だと難しいので実際に見てもらいましょう、下がtexmod、上がゲームのexeです。

 

まあやってることはリネーム作業なんですごい変なことをしない限りゲームの再インストール案件にはならないでしょう